基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成24年 秋期 基本情報技術者 午前 問55
問55   一斉移行方式の特徴

 システムの移行方法の一つである一斉移行方式の特徴はどれか。

ア 新旧システム間を接続するアプリケーションが必要となる。

イ 新旧システムを並行させて運用し,ある時点で新システムに移行する。

ウ 新システムへの移行時のトラブルの影響が大きい。

エ 並行して稼働させるための運用コストが発生する。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 旧システムから新システムに移行する方法として、一斉移行方式、業務別移行式、拠点別移行方式などがある。

 一斉移行方式は、システム全体を一斉に新システムに移行する方法で、移行コストは少ないが、 移行時のリスクが高く、新システムへの移行時のトラブルの影響が大きい。

 それに対して、業務別移行式や拠点別移行方式では、移行時期は新旧両方のシステムが稼動しているため、 移行コストは大きいが、新システムでトラブルが発生した場合、業務に対する影響は少ない。

【平成21年春 問55】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]