基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成26年 春期 基本情報技術者 午前 問77
問77   要因の値と品質特性の値の関係

 図は,製品の製造上のある要因の値と品質特性の値との関係をプロットしたものである。 この図から読み取れることはどれか。

ア からを推定するためには,2次回帰係数の計算が必要である。

イ からを推定するための回帰式は,からを推定する回帰式と同じである。

ウ の相関係数は正である。

エ の相関係数は負である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 散布図とは、相互に関係があると思われる2種類のデータをそれぞれ縦軸と横軸にとって対応点を 打点して作成したグラフのことである。散布図を使うことによって、対応物の特性と その変動要因の関係性や、特性と他の要因との関係性が把握できる。

 基本的に対応点が右肩上がりの場合、正の相関で、左肩下がりの場合、負の相関である。 よって、問題の図は、負の相関がある。

【平成17年秋 問77】

【平成21年秋 問76】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]