基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成28年 秋期 基本情報技術者 午前 問46
問46   フールプルーフに該当するもの

 安全性や信頼性を確保するための設計のうち,フールプルーフに該当するものはどれか。

ア 装置が故障したときは,システムが安全に停止するようにして,被害を最小限に抑える。

イ 装置が故障したときは,利用できる機能を制限したり,処理能力を低下させたりして,システムは稼働させる。

ウ 装置が故障しても,システム全体の機能に影響がないように,二重化などを行って冗長な構成とする。

エ 利用者が誤った操作をしても,システムに異常が起こらないようにする。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 フールプルーフは、工業製品やソフトウェアなどで、使用者が誤った操作をしてもシステムに異常が起こらないように、 または、誤った操作をさせないように配慮して設計することである。

ア: フェイルセーフ の説明である。
イ: フェールソフト の説明である。
ウ: デュアルシステム の説明である。
エ: 正しい。

【平成24年秋 問45】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]