基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問19
問19   メモリアクセス時間の計算

 図のメモリマップで,セグメント2が解放されたとき,セグメントを移動(動的再配置)し, 分散する空き領域を集めて一つの連続領域にしたい。1回のメモリアクセスは4バイト単位で行い, 読取り,書込みがそれぞれ 30 ナノ秒とすると,動的再配置をするのに必要なメモリアクセス時間は合計何ミリ秒か。 ここで,1k バイトは 1,000 バイトとし,動的再配置に要する時間以外のオーバヘッドは考慮しないものとする。

ア 1.5         イ 6.0         ウ 7.5         エ 12.0
解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 セグメント2が解放し、メモリを再配置ためには、セグメント3( 800k バイト)をセグメント1の 後ろに移動する必要がある。 1回のメモリアクセスは4バイト単位で行い、 読取りと書込みがそれぞれ 30 ナノ秒なのでメモリアクセス時間は以下のようになる。

 800k バイト÷4バイト×( 30 ナノ秒+ 30 ナノ秒)
 = 200,000 × 60 ナノ秒= 1.2 ミリ秒

【平成27年秋 問18】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]