基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問20
問20   ページフォールトの原因

 ページング方式の仮想記憶において,ページフォールトの発生回数を増加させる要因はどれか。

ア 主記憶に存在しないページへのアクセスが増加すること

イ 主記憶に存在するページへのアクセスが増加すること

ウ 主記憶のページのうち,更新されたページの比率が高くなること

エ 長時間アクセスしなかった主記憶のページをアクセスすること


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ページング方式の仮想記憶において、主記憶上に必要なページがない(ページフォルト)とき、 置換え対象ページの決定し、主記憶上で不要なページを仮想記憶に戻し(ページアウト)、 仮想記憶から必要なページを転送(ページイン)する。

  置換え対象ページの決定を行うやり方の代表的なものに FIFO 方式と LRU 方式がある。

 ページフォールトは、ページング方式において要求されたページが主記憶上に存在しないときに 発生する割込みである。

 主記憶に存在しないページへのアクセスが増加するとページフォールトの発生回数を増加させる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]