基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問38
問38   共通鍵暗号方式の特徴

 共通鍵暗号方式の特徴はどれか。

ア 暗号化通信に使用する場合,鍵を相手と共有する必要があり,事前に平文で送付することが推奨されている。

イ 暗号化通信をする相手が1人の場合,使用する鍵の個数は公開鍵暗号方式よりも多い。

ウ 同じ程度の暗号強度をもつ鍵長を選んだ場合,公開鍵暗号方式と比較して,暗号化や複合に必要な時間が短い。

エ 鍵のペアを生成し,一方の鍵で文章を暗号化すると,他方の鍵でだけ復号することができる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 公開鍵暗号では、暗号化と復号化で別の鍵を使う。公開鍵は、誰でも閲覧可能で秘密鍵は、 本人しか知らない鍵である。公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でないと復号化できなく、 秘密鍵で暗号化したものは公開鍵でないと復号化できない。

ア:誤り。 共通鍵が漏えいすると通信の秘匿を保てないので厳重に管理する必要がある。

イ:誤り。 暗号化通信する相手が1人のときには共通鍵暗号方式の方が鍵数が少ない。

ウ:正しい。 公開鍵暗号方式は、共通鍵暗号方式に比べて復号処理が複雑である。

エ:誤り。 共通鍵暗号方式では鍵ペアを作成することはない。P>

【平成27年秋 ITパスポート 問70 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]