基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問39
問39   真正性及び信頼性に対する定義

 JIS Q 27000:2014(情報セキュリティマネジメントシステム−用語)における真正性及び 信頼性に対する定義 a 〜 d の組みのうち,適切なものはどれか。

〔定義〕

a 意図する行動と結果とが一貫しているという特性

b エンティティは,それが主張するとおりのものであるという特性

c 認可されたエンティティが要求したときに,アクセス及び使用が可能であるという特性

d 認可されていない個人,エンティティ又はプロセスに対して,情報を使用させず, また,開示しないという特性

         真正性           信頼性    
  ア     a      c  
  イ     b      a  
  ウ     b      d  
  エ     d      a   

解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 情報セキュリティマネジメントシステム用語における 情報セキュリティの7要素は、以下のようになる。

 機密性    認可されていない個人、エンティティまたはプロセスに対して、情報を使用させず、 また、開示しない特性。  
 完全性    正確さ及び完全さの特性。  
 可用性    認可されたエンティティが要求したときに、アクセス及び使用が可能である特性。  
 真正性    エンティティは、それが主張するとおりのものであるという特性。  
 責任追跡性    アカウンタビリティ。  
 否認防止    主張された事象または処置の 発生、及びそれを引き起こしたエンティティを証明する能力。  
 信頼性    意図する行動と結果とが一貫しているという特性。  

【平成30年春 問39 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]