基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [令和元年秋午前] [令和元年秋午後]

平成16年 秋期 基本情報技術者 午前 問54
問54   アローダイアグラム

 次のアローダイアグラムで表される業務について各作業内容を見直したところ, 作業 D だけが短縮可能であり,作業日数を6日間にできることが分かった。 業務全体の所要日数は何日間短縮できるか。ここで,点線の矢印は擬似(ダミー)作業である。

ア 1     イ 2     ウ 3     エ 4


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 アローダイアグラムとは、下図の様に、作業の前後関係を整理して矢印で結んだ ネットワークを作成し、工程上のネックを発見して日程計画に役立てることを指す。 この場合全ての作業工程を求め、その中で1番長い作業工程(クリティカルパス)を 比較して所要日数を考える。ここでダミーの作業日数は0日と考える。

短縮前

(工程T)28 日:@ → A → B → C → D → F
(工程U)31 日:@ → A → B → C → D →(ダミー)→ E → F
(工程V)28 日:@ → A → B → E → F
(工程W)16 日:@ → A → C → D → F
(工程X)19 日:@ → A → C → D →(ダミー)→ E → F

 クリティカルパスは(工程U)31 日:@ → A → B → C → D →(ダミー)→ E → F である。

短縮後

(工程T)24 日:@ → A → B → C → D → F
(工程U)27 日:@ → A → B → C → D →(ダミー)→ E → F
(工程V)28 日:@ → A → B → E → F (変化なし)
(工程W)16 日:@ → A → C → D → F (変化なし)
(工程X)19 日:@ → A → C → D →(ダミー)→ E → F(変化なし)

 短縮後、クリティカルパスは(工程V)28 日:@ → A → B → E → F
 となり、3日分短縮したことになる。よって、正解は(ウ)である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]