基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成29年 秋期 基本情報技術者 午前 問07
問07   オーバーライドの説明

 オブジェクト指向プログラミングにおける,多相性を実現するためのオーバーライドの説明はどれか。

ア オブジェクト内の詳細な仕様や構造を外部から隠蔽すること

イ スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで再定義すること

ウ 同一クラス内に,メソッド名が同一で,引数の型,個数,並び順が異なる複数のメソッドを定義すること

エ 複数のクラスの共通する性質をまとめて,抽象化したクラスを作ること


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 オブジェクト指向プログラミングにおける多相性とは、同じメッセージに対して別の振る舞いをすることである。 オブジェクト指向で、スーパークラスのメソッドを変更する場合は、 サブクラスに同じ名前で引数の数や型が同じメソッドを定義することができる。 これをメソッドのオーバライドとよぶ。

 クラス内のメソッドやプログラムをクラスの外から見えなくすることを情報の隠蔽とよぶ。 プログラムを作成する場合、メソッドに引数を 渡すだけでメソッドの中の処理を気にする必要がない。

 オブジェクトの外からオブジェクトの内部への直接の操作を禁止することをカプセル化とよぶ。 カプセル化によって、オブジェクト内のインスタンス 変数への操作は、メソッドを呼び出すことで可能になる。

【平成26年秋 問47 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]