基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

平成30年 秋期 基本情報技術者 午前 問25
問25   傾いた直線を滑らかに表示する手法

 液晶ディスプレイなどの表示装置において,傾いた直線の境界を滑らかに表示する手法はどれか。

ア アンチエイリアシング        イ シェーディング

ウ テクスチャマッピング        エ バンプマッピング


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:正しい。 アンチエイリアシングは、図形の境界近くの画素に 変化する色彩の中間色を割り当てることで、境界に生じる階段状のギザギザを目立たなくする技術である。

イ:誤り。 シェーディングは、3次元コンピュータグラフィックスやイラストレーションなどで 明暗のコントラストで立体感を与える技法である。

ウ:誤り。 テクスチャマッピンクは、3次元グラフィックスで、 物体の表面の質感を表現するための手法である。

エ:誤り。 バンプマッピングは、オブジェクトの表面にイメージマップをもとに、 擬似的に凹凸を表現する技術である。

【平成23年秋 問30 類題】


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [基本情報技術者試験TOP ]